おもちゃデジカメの画質改善  (2003/01/05)
 LCDC Demonstratorによるrawデータ吸い出し → SILKYPIXによる現像


 撮像素子が30万画素程度のCMOSセンサで,実売価格が \10,000以下のデジタルカメラは「おもちゃデジカメ」と呼ばれています。 まあ所詮「おもちゃ」ですから画質についてとやかく言ってもしょうがないんですが,STV680というチップを使ったカメラは,高画質化が可能みたいです。

 うちに転がってたSTV680のおもちゃデジカメ。左から(株)センチュリーのSCOOP!,AXIAのix−1,バンダイのC@Mailです。
他にはNHJのChe-ez!SPYZChe-ez! babe,バンダイのFstyle,タカラのPETIT SHOTなどもSTV680みたいです。


SCOOP!ってのはこんなカメラです


 近所のパソコン屋で\3,980で売ってるのを見つけて,思わず手が出てしまいました。 見かけはホントにおもちゃっぽいんですが,写りはなかなかのものです。
マイナーなカメラなので,以下でちょいと紹介しますね。
 35万画素CMOSの典型的なおもちゃデジカメ。VGAで26枚撮れます。
レバーを手前に回すと,裏蓋が開くので単四電池を2本入れます。マンガン電池でもニッ水電池でもOKです。 電源スイッチはありませんから,電池が切れる前にPCに画像データを転送しなくてはいけません。
 なんとストロボまで標準装備。
3ピンのコネクタで本体と接続されます。 光量が適切で結構使い物になります。ストロボも単四電池が2本必要です。

 PCにはUSBケーブルで接続しますが,カメラ側のコネクタ形状は特殊です。
FUJI やKODAKのとよく似ていますが,まったく別物です。
 撮影サンプルです。
パソコンにChe-ez!Managerというソフト(C@Mail用)が入れてあったので,これで読み込んでみました。STV680のカメラならどんな機種でもこれでイケそうです。
←これはさらにQVGAに縮小してあります。
この画像をクリックするとフルサイズ画像(276KB)を表示します。
おもちゃデジカメとしてはまずまずの画質でしょう。でも,よーく見るとジャギーや偽色の発生に気がつきます。


LCDC Demonstratorによるrawデータ吸い出し


 ココで,DC-30UというSTV680カメラ用のソフトDC30U Digital Camera Installation Software Pack - DC30U_V2.zipをダウンロードして解凍し,PCにインストールします。
カメラとPCをUSBケーブルで接続し,インストールされたLCDC Demonstratorというソフトを起動します。
Connect」ボタンを押すと,ソフトがカメラを認識しますから,次に「Thumbnails」ボタンを押してカメラに保存されている画像を読み込みます。
このとき,「Greyscale」にチェックを入れておいてください。
 サムネイルをダブルクリックして画像を表示し,右クリックしてFile→Save→Rawと選んで画像を保存します。
ここに保存されたRawデータ(304KB)があります。
(右クリックして「対象をファイルに保存」してください)
では次に,このRawデータをSILKYPIXというソフトで「現像」してみましょう。


SILKYPIXでRawデータの「現像」


 まずココでSILKYPIXというソフトをダウンロードして,インストールしておきます。SILKYPIXを起動し,先ほど保存したRawデータを読み込むと下のような「画像調整」のウィンドウが開きます。
 デフォルトだと画像が少々赤っぽいので,赤を少し下げると良いと思います。白い部分をクリックして「参照色から調整」ボタンを押しても良いかもしれません。自然な色合いに調整できたら「現像開始」ボタンを押します。
最後に現像されたデータを保存(bmp形式)します。jpg形式にするにはPaintShopPro等のレタッチソフトを使いましょう。ここにSILKYPIXで保存したbmpデータ(907KB)があります。別画像のbmpデータ(907KB)はこちら


 で,これ↓の右がSILKYPIXで現像した画像です。クリックするとフルサイズで表示します。
 中央付近を2倍に拡大してみると,画質の違いは明らかです。
偽色の発生は押さえられ,ジャギーも目立ちません。
これは素晴らしい。

 もう1枚ご覧ください。室内撮影(ストロボ無し)です。クリック↓するとフルサイズ表示します。
 中央付近の2倍拡大画像です。 SILKYPIX,いいですな〜。



おもちゃデジカメの画質改善 その2へ