DiCE for Linuxで@nifty のダイナミックDNSを使う (2003/11/08)

 @niftyのダイナミックDNSだと月額¥200で「atnifty.com」というなかなかカッコいいサブドメインが使えるようになります。
そこで「physics.atnifty.com」で申し込んでみたところ,あっさり通ったので,自宅サーバWebRingYahoo!Japanへの登録もこのドメインに変更しました。

DiCE for Linux のインストールと設定

IPアドレスが変化したときに自動的にIPアドレスを更新するため,DiCE for Linuxをインストールしてみます。

#tar zvxf /usr/local/bin/diced0194.tar.gz ダウンロードしたdiced0194.tar.gz
/usr/local/bin/に置いて,解凍・インストール。

#/usr/local/bin/DiCE/diced
=-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
Version 0.19 for Japanese
Copyright(c) 2001 sarad

setup
IPアドレスの検出方法を指定してください
(0) 自動検出
(1) ローカルのネットワークアダプタから検出
(2) 外部のスクリプトから検出
<現在:0>
(N)変更しない (P)戻る
>2
スクリプトのURLを入力してください
>https://www.atnifty.com/ddns/p13.php
-------------------------------------------------
プライベートIPアドレスも検出対象ですか? (Y/N)
<現在:いいえ>
(P)戻る
>n
-------------------------------------------------
IPアドレスを検出をテストしますか? (Y/N)
(P)戻る
>y
検出IPアドレス>220.146.199.176
-------------------------------------------------
IPアドレスを検出をテストしますか? (Y/N)
(P)戻る
>n
-------------------------------------------------
IPアドレスをチェックする間隔を指定してください(分)
設定可能範囲は5分以上です
<現在:10>
(N)変更しない (P)戻る
>n
=================================================
DNSサーバーの負荷を軽減するために頻繁なDNS更新を防ぐ
必要があります
前回の更新から一定時間DNS更新処理を行わないように保護
時間を設定してください(分)
設定可能範囲は10分から1440分です
<現在:60>
(N)変更しない (P)戻る
>15
=================================================
設定を保存しますか? (Y/N)
(P)戻る
>y
設定を保存しました
=================================================
:add
新しくイベントを追加します

DynamicDNSサービス名を入力してください
"?"で対応しているサービスを一覧表示します
(P)戻る
>@nifty
-------------------------------------------------
<< @niftyダイナミックDNS >>
URL: http://www.nifty.com/ddns/index.htm

=================================================
ドメイン名を入力してください
"?"でドメイン一覧を表示します
(P)戻る
>atnifty.com
=================================================
ホスト名を入力してください
(P)戻る
>physics
=================================================
ログインユーザ名を入力してください
(P)戻る
>QGA00725
=================================================
ログインパスワードを入力してください
(P)戻る
>himitsu
=================================================
登録するIPアドレスを入力してください
空白にすると現在のIPアドレスを自動検出します
(P)戻る
>
=================================================
このイベントに題名を付けてください
(P)戻る
>IPUpdate
=================================================
このイベントを実行するスケジュールを設定します
-------------------------------------------------
実行する頻度を指定してください (番号入力)
(0)1回のみ (1)1日1回 (2)1週間に1回 (3)1ヵ月に1回
(4)その他の周期 (5)IPアドレス変化時 (6)起動時
(P)戻る
>5
-------------------------------------------------
IPアドレスがあまり変化しない環境の場合、更新せずに一定
期間を過ぎるとアカウントを削除されてしまうことがあります
IPアドレスの変化が無い時に実行する間隔を指定してください
(0)7日毎 (1)14日毎 (2)21日毎 (3)28日毎
(4)35日毎 (5)56日毎 (6)84日毎
(P)戻る
>0
=================================================
詳細オプションを設定します
-------------------------------------------------
[ オフライン ]
(0)No (1)Yes
番号>0
=================================================
このイベントを有効にしますか? (Y/N)
(イベントの有効/無効は"EN/DIS"コマンドで切替えられます)
>y
=================================================
イベントを保存しますか? (Y/N)
>y
イベント"IPUpdate"を保存しました
=================================================
:list
(No.) (イベント名) (スケジュール) (次回予定)
0 * IPUpdate IPアドレス変化時 (7日毎) 09/28 22:05
:exit
# /usr/local/bin/DiCE/diced -d
=-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
Version 0.19 for Japanese
Copyright(c) 2001 sarad

# DiCE Daemon Started !!

/usr/local/bin/DiCEにインストールされたDiCE for Linuxの設定をします。
質問に答えていくだけですからカンタンですね。
設定が終わったら,listコマンドで確認,exitで設定を終了,diced -d でデーモンとして常駐します。


DiCEの自動実行
サーバの再起動時にも,DiCEを自動的に実行するように,/etc/rc.d/rc.locaに次のような記述を書き加えておきましょう。

/usr/local/bin/DiCE/diced -d






Linuxで自宅サーバ 
\1980のジャンクPCで自宅サーバ  
ノートPCにNFSインストール  
自宅サーバでHPを公開しよう
CGIを使ってみよう
WebDAVを使ってみよう(1)
WebDAVを使ってみよう(2)
kernelの再構築(VineLinux2.5)
自宅サーバでLiveカメラ
自宅サーバでLiveカメラ(2)
Wormの攻撃
ADSLの導入とIPアドレス自動更新
DiCE for Linux
メールサーバ(Postfix)の設定



【Top Page】